子育て中のママが作った、抱っこ紐「キャリーバンド」とベビー用品のお店。

ホーム抱っこ紐の使い方
 ◆抱っこ紐(キャリーバンド)の使い方
 
 1.ポケットを前にして頭からかぶり、たすき掛けになるように手を通す。 
 
 2.赤ちゃんを抱っこして足が左右に出るよう胸もとに入れる。
  赤ちゃんの腕は、抱っこ紐の外に出してください。
  (小さな赤ちゃんは無理して出さなくてもいいですが、出した方が安定します)
  脇で抱っこ紐をはさむくらいの位置が良いです。

    寝ている赤ちゃんの足元にかぶさり、赤ちゃんの足を入れてから抱き上げるようにすると、
  ひとりでも楽に胸元へ入れることができます♪

 3.背当てを赤ちゃんの背中まですっぽりと覆うように、調節する。

  ふたりの胸・お腹などが密着するように紐を引っ張って調節してください。
  赤ちゃんが反ってしまうと、抱っこする人も反ることになり、抱っこする人の腰に負担がかかります。
 (離れてしまう場合は、まずベビーの背中に抱っこ紐を密着させ、抱っこする人にも密着させて
  から浮いた紐をひっぱって調節すると直ります。)

 【ベビーが寝てしまって、おろすときは・・・】

 1.まず、抱っこしている人がしゃがみ、布団にベビーの背中をつけます。

 2.抱っこしている人だけが(抱っこ紐はベビーに装着のまま)下から抜けます。

 3.抱っこ紐は、そのままでも、ベビーから引き抜いてもかまいません。
  (バックルもボタンもついてないものですから、安心です^^)


 【注意】
  ・赤ちゃんを抱っこしてから、両肩にしっかりとフィットするように形を整え、
   必ず手を添えて使用してください。
   (安定感ありますので、両手を離すことはできますが、しゃがんだりなど体勢をくずすと
   上から赤ちゃんが出てしまうことが考えられますので、片手はいつでも支えられる
   状態でご使用お願いします)
   赤ちゃんの足に紐が食い込まないよう、足は開いてひざを上に持ち上げ(かえるのように)抱っこ
   してあげてください。

   赤ちゃんが小さい場合、それでも食い込むことがあります。
   その場合は、ももからお尻にかけてタオルなどをはさんでください
   成長とともに、タオルも必要なくなってきます。

  ・赤ちゃんを抱っこしたまま走ったり、自転車の運転は危険です。
   絶対にやめてください。

  ・できる限り丈夫に作っておりますが、使用頻度により、ほつれ・破れなどが
   発生する場合もあります。
   その場合は、使用を中止してください。

  ・  たたみ方がわからなくなってしまったら、こちらをご覧ください。
  抱っこ紐のたたみ方


 抱っこの仕方で、質問が多いので・・・補足します。

 「キャリーバンドは開きがないから、高く抱き上げなければ装着できない?」
 そんなことはありません・・・っていうか、私は抱き上げて装着したことはありません。
 (肩こりと腰痛があるので・・・できないのです)

 パパが一緒のときは、パパに抱き上げて入れてもらえば楽なんですが、ここでは
 一人で抱っこできる方法を紹介します。

 ベビーが小さいうちは、↑の寝た状態から抱っこするのが楽です。
 床に寝かせたり、外出先では、トイレのオムツ換え代など利用するといいかも。

 購入者お勧めの方法は・・・先にベビーを抱っこした状態で、抱っこ紐を
 かぶるというものでした。
 私も試してみましたが、ベビーが大きいとちょっときついです。
 小さなうちは、いいと思います。

 少し大きくなって、お座りができるようになれば、
 ベンチやテーブル(お行儀悪いですが)に座らせて、足を入れてから抱っこ。

 もっと大きくなったら、自分がしゃがんで、抱っこ紐の中にまたいで入ってもらえます。
 大きくなっても抱っこがすきなら、自分からよじ登って入ってくれますよ^^


 出先などで、抱っこするひと(お母さん)が立った状態で抱っこしたい場合は、
 まず、抱っこ紐をお母さんがゆるめ(少し下がりぎみで)に装着し
 ベビーを片方の肩にげっぷをさせるときの要領で抱き上げます。
 その状態でしたら、簡単に足が通せるかと思います。

 ぜひ、お試しください。


 ◆お洗濯

 汚れたら、お洗濯をしてください。
 抱っこ紐の素材は、主に綿・麻(ポリエステルやポリウレタンが少し混紡のものもあります)です。
 丸洗いできる素材を使っています。
 
 初めは少し(2~3cm)縮みます。
 その分、余裕を持ったサイズ設定になっています。
 (お洗濯をする前からきつめでしたら、早めに交換をお勧めします。)

 基本的に手洗いでお願いします。
   もし洗濯機で洗う場合は、ネットに入れて洗濯機のソフトモードなどで優しく洗ってください。
 生地の縮みが少なく、型崩れも防ぎます。
 (私は、使い込むうちにガンガン洗ってしまいましたけど・・・(笑))

 赤ちゃんが触れるものです。
 肩紐を舐めたりもします。
 マメにお洗濯して、清潔にお使いください。

 ・色ものはお洗濯の際に色移りすることがあります。白いものとは別に洗って
  ください。特にデニムは商品色の特性上、濡れた状態や濡れたものとの摩擦で、
  色落ち・色移りするおそれがあります。
  お洗濯のあとは放置せず、早めに形を整えて干してください。

  デニムは一度洗っても、数回は色落ちします。
  (染料特有のものですので、ご了承ください)

  当店の抱っこ紐(キャリーバンド)は、裏地(服に触れる方)にデニムは使用していません。
  それでも、多少は服に触れると思いますので、ご使用の前には、お洗濯をお勧めいたします。

  デニムの色落ちについて、詳しく載っていたページがありますので、ご紹介します
  http://www.seikatu-cb.com/ifuku/jeens.html